谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。
なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

うさ子とクマ江の掲示板はこちら

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[6311] 『谷川うさ子王国物語』勉強会のご報告 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2022/10/16(日)18:10
[6311-1] 『谷川うさ子王国物語』勉強会のご報告 谷川うさ子 2022/10/11(火)16:16
   10月4日(火)、10月7日(金)と、『谷川うさ子王国物語』パート・Ⅰ、第1か月め、第4週、月曜日から木曜日までの学習を行いました。
●日本人は、近いもののことを何と呼んだ?→内(ウチ)、です(「内輪の話」「うちの会社」「うちの人」という認識の仕方。自分の居る「空間の存在」と考えています)
●日本人は、遠い所にあるものと、どんなふうにして親しくした?→自分の気持ちと融合させた(遠い位置にあるものは、恐ろしいものではあるが、自分の生存を左右するものなので、「恐れ」を「尊敬」の気持ちに変えました)
●日本人は、自分の近いものを、どんなにしてもいいと思っている?→親しんでいるから、バカにしてもいい(親しい関係になると、自分の感情と同化しているのだから、自分の感情のその時々の状態に見合って、感情中心の言い方になってもいいはずだと認識しています)
●日本人は、近いものは、どんなに見えている?→大きく、自分の近づいて来るように見える(脳の言語野の「ウェルニッケ言語野」の触覚の認知の機能が働いています)

今週は、日本人の対人関係で、近くにいる人をバカにし、侮蔑の対象にするということと、その対策について勉強しました。対策は、相手の人や物事をクローズ・アップするのではなく、上や下や横や、そして遠くからも見るというイメージ作りだということを学びました。教えていただいた対策に従い、これからも、自分の最も近くの人を尊敬し、大切にしていこうと考えました。

[6311-2] 谷川うさ子 2022/10/16(日)18:10
   10月11日(火)、12日(水)、14日(金)と、『谷川うさ子王国物語』パート・Ⅰ、第1か月め、第4週、金曜日から、第2か月め、第1週、木曜日までの学習を行いました。
●日本人にとって、心の病の人って、どう見える?→身体はウチの人、心は、ヨソの人、です(心の病は「遠い所にあるもの」なので成行きに任せるしかない、と放置されているのです)
●日本人は、昔から、何を「遠くにあるもの」と思っている?→法律です(吉本隆明の『共同幻想論』には、「共同の規範」(国家による規範)が「恐怖の対象」と書かれています)
●日本人は、ふだんは何を「遠くにあるもの」と思っている?→心の病です(日本人にとって「心の病」は目に見えないものだから「遠いもの」のカテゴリーに入ります)
●日本人は、「遠くにあるもの」は、自分に何をすると思っている?→神経症をつくる、と思っています(「遠くにあるもの」の到達点にあるものは「社会の中で最も水準の高い知性」です。日本人は、ここに関わるとき「言葉の意味を調べない」で、不適合、つまり弛緩、ゆるみ・たるみの状態で関わります。そこで自律神経の症状を感じます。これが神経症です)
●日本人は「遠くにあるもの」に何をすると「危ない」と思っている?→学ぶこと、です(日本人は、「勉強のしすぎで頭が変になる」とひそかに思っています。言葉を恣意的に解釈しているから、とは気が付きません)
今週は、「遠い所にあるもの」は勉強などの学的知性と、もう一つ、心の病であると学びました。両者とも、言葉の意味を調べるなどして正しく関われば、不適合になることもなく恐怖にもならないと学びました。来週もどうぞよろしくお願いいたします。


<前の1件]


スレッド[6311]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2024/05/31 00:28] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子